HOME
ごあいさつ
プロフィール
私の約束
かわら版
県政報告
質問アーカイブス
県議会レポート

愛媛県議会のライブ中継です。ご覧 下さい 。


後援会申込書

はせ浩
たまき雄一郎
小林正

夫
浜野喜史
愛媛県
西条市
みかんの国から

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
直球勝負2016夏

 暑中お見舞い申し上げます。いよいよ夏本番となって参りましたが、皆さま益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は、ひとかたならぬご厚情を賜りまして誠にありがとうございます。心より厚く感謝申し上げます。

さて、第24回参議院議員通常選挙が終わりました。(原稿は選挙期間中に作成)今回の選挙は、地方にまで届いていないと言われる自公連立政権の経済政策(アベノミクス)をめぐる評価が、争点のひとつであったのではないかと思います。また、公職選挙法が改正され「選挙権」を持てる年齢が「18歳以上」に引き下げられ、若い世代の投票行動も気にかかる選挙戦でもありました。公示日を目前に控え、2代続けて「政治とカネ」の問題で辞任に追い込まれた東京都知事を始め、国会議員や地方議員、首長を問わず国民目線とかけ離れた政治姿勢に対する不信が募るばかりで、このことが政治離れに繋がり憂慮すべき事態だと感じています。

愛媛県議会は、6月21日6月定例県議会を閉会致しました。知事は、「シフトアップ予算」と位置づけた平成28年度当初予算に加え、6月補正では、熊本大地震の発生を受けて、被災地支援や県内の緊急防災対策の推進、重要課題への対応として、地域医療や介護サービスの拡充、農林水産業の振興などの強化、また、国予算の増額内示により、公共事業の追加や県内景気・雇用の下支えなどの経費が計上され、議論を重ねるところとなりました。

私自身特別な思いを持ちながら臨んだ議会ですが、改めて感じたことは、「人口減少社会において、如何に愛媛・西条が生き残って行くことが出来のるか」ということです。政策のブラッシュアップが必要、新たな発想も求められます。行政だけに任せるのでは無く、市民、県民の代表である我々議員が、その使命を果たさなければ、自治体のパワーが衰退するのです。走り続けないかんのです。皆さまから頂戴した「熱き心とエール」をしっかりと受け止め、私は全力で走ります。どうか変わらぬご支援、ご指導・ご鞭撻、叱咤激励を賜りますよう伏してお願い申し上げます。

最後になりますが、まだまだ暑い日が続きます。何卒ご自愛のほどお祈り申し上げましてご挨拶とします。今日までありがとうございました。

「これまでもこれからも皆さまの幸せのチカラになりたい」 

    平成28年盛夏

           愛媛県議会議員    玉 井  敏 久

| ごあいさつ | 12:23 | - | - |
直球勝負2015夏
残暑お見舞い申し上げます。皆さま健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。平素は、ひとかたならぬご厚情を賜りまして誠にありがとうございます。また、先の県議選では、絶大なるご支援を賜り、三度当選を果たすことが出来ました。改めてそのご支援に感謝申し上げます。皆さまから頂戴した「心と声」をしっかり受け止め、「いいね!」があふれる愛媛・西条(まち)づくりに邁進して参ります。引き続きご指導ご鞭撻、叱咤激励を賜りますようお願い申し上げます。
 
さて、安全保障関連法案の衆議院通過を機に安倍政権の支持率が急落しています。また、支持政党の数値を見ても自民党が下降する一方で、社民党或いは共産党のポイントが上昇する傾向にあります。支持率に一喜一憂するものでは有りませんが、今後、原発再稼働、米軍の沖縄基地移設、TPP交渉など国論を二分する課題が待ち受けております。国民全てが納得して物事が決まることはあり得ません。国民の代表である国会議員が、中身のある議論を重ね、国民の理解が広がり深まるよう、より丁寧な説明を重ね、次代の有るべき日本国の姿に拘り、決して先送りする事のない「決める政治」を願うものであります。
 
私の好きな言葉「事を敬して信あり」。何事によらず、人は自分の仕事を敬わなければいけない。敬に徹して事をやれば、人は自然とあなたを信用する。その信を得るように努める。信用を得るも得ないも、根本は、自分自らの日頃の行いに有ると言われるのです。「足は現場に 胸には四国を 眼は日本へ」高い志を持って、皆さまから頂いた「心と声」を政策に反映させて行くことが私の使命であり、政治姿勢だとこれからも肝に銘じて実践して参ります。どうかご期待下さい。
 
最後になりますが、またまだ暑い日が続きます。何卒ご自愛のほどお祈り申し上げましてご挨拶とします。
                     
平成27年盛夏
                                      愛媛県議会議員 玉 井 敏 久
| ごあいさつ | 16:02 | - | - |
直球勝負2015
皆さまにおかれましては、ご家族お揃いで健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
旧年中は、ひとかたならぬご厚情を賜りまして誠にありがとうございました。心より厚く感謝申し上げますとともに、本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 
さて、師走の声とともにスタートした中村県政第二ステージ。「地方の時代に対する挑戦」「政策課題への挑戦」「継続課題への挑戦」そして、「見果てぬ夢への挑戦」を政策の柱に掲げ、挑戦(チャレンジ)・実行(アクション)・現場主義(ボトムアップ)・オール愛媛(チームワーク)の基本姿勢で、政策の実現を目指すとされています。
また、14日には、衆議院議員選挙が施行され、自公連立政権が326議席を獲得し、第3次安倍内閣が始動した年の瀬における政治の動き。デフレからの脱却と経済再生を目指した経済政策いわゆるアベノミクスの効果は、デフレ経済の空気を変える一定の効果はあったものの、我々が暮らす地方にまで十分波及したとは言えず、都市部と地方の格差拡大が懸念され、地方活性化に繋がる政策の展開が急務となっています。
更に、私たちが暮らす愛媛では、近い将来発生が予測される南海トラフ巨大地震を始め、局地的大雨など異常気象がもたらす大規模災害への防災・減災対策や、世界に類を見ないスピードで確実に押し寄せる超少子高齢化、人口減少社会への対策など、待ったなしの様々な政策課題にも向き合わなければなりません。
 
このような中、二元代表制を敷く地方議会において、私は「いいね!」があふれる愛媛・西条(まち)づくり」をスローガンに掲げ、真っ直ぐ直向きに政治活動に取り組んで行くと決意を新たに致しました。皆さまの「心と声」をしっかりと受け止め、市政・国政とも連携を図りながら、次代を担う子ども達が夢や希望を失うことのない愛媛・西条づくりを目指し、これからも果敢に政策課題の実現に挑んで参ります。また、議会人として襟を正すことは基より、議会改革に「魂」を注入するとともに、分権改革の担い手となる地方が、現状に決して満足することなく「日々新たに」の心で、地方議会をしっかり動かさねばならないとも考えております。どうか、引き続きのご指導ご鞭撻、叱咤激励を賜りますようお願い申し上げますとともに、時節柄くれぐれもご自愛下さいますようお祈り申し上げます。
 
結びに、本年が皆さまやご家族にとりまして、輝かしい一年となりますよう心よりご祈念申し上げ年頭のご挨拶と致します。

平成27年1月吉日                             
愛媛県議会議員 玉 井  敏 久        
| ごあいさつ | 14:39 | - | - |
直球勝負
皆さまこんにちは。
金木犀の香りに包まれ、御輿にだんじり、太鼓台が練る豪華絢爛西条祭りも終わり、一息と言ったところではないでしょうか。平素より、私の政治活動にひとかたならぬご厚情を賜りまして誠にありがとうございます。心より厚く感謝申し上げます。
 
私達の生命や財産、家族の絆や幸せまでも呑み込んでしまう自然災害。広島市では、大規模な土砂災害により74人が、御嶽山では、水蒸気爆発の発生により51人もの尊い命が一瞬にして奪われるという大惨事となりました。お亡くなりになられた方々のご冥福と被災者ご家族の皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。
自然がもたらす脅威に、我々人間は為す術がなかったのかと自然災害が発生する度に考えさせられます。全ての事象にゼロリスクは有り得ないという現実を踏まえ、それを低減する努力を惜しまず積み重ねていく事が、安全・安心の向上に繋がると堅く信じて事に当たらねばと強く思うところです。
 
さて、中村知事任期締めくくりとなる9月定例県議会が今月9日に閉会しました。知事就任以来、「愛顔(えがお)あふれる愛媛県」の実現を目指して、鞠目を助走、2年目を離陸、3年目は上昇、今年度は飛躍と着実にステップアップしながら公約の実現に拘った県政運営だったと振り返るところです。ただ、「チーム愛媛」を標榜する知事だけに県益を考えた時、県選出国会議員との連携については、些か残念に思いますが、人口減少や超高齢化という地方が抱える構造的な課題の克服と、喫緊の課題である防災・減災対策や情勢変化への対応などについて、引き続きスピード感を持って本県独自の取り組みを進めて頂きたいと思っております。
 
私自身は、これからも初心に照らして懸命に精進して参ります。臨時国会の焦点になっている地方創生は、地方議会の腕の見せどころです。いつまでも活性化策を国に頼っていては地方創生となり得ません。地方から「反乱」を起こすぐらいの気構えで残された任期を挑んで参ります。引き続きのご指導ご鞭撻、叱咤激励を賜りますようお願い申し上げますとともに、時節柄くれぐれもご自愛下さいますようお祈り申し上げご挨拶と致します。
本当にいつもありがとうございます。
 
平成26年10月吉日  
愛媛県議会議員   玉 井  敏 久
 
| ごあいさつ | 13:15 | - | - |
直球勝負
直 球 勝 負
 
皆さまこんにちは。
毎日、相変わらずの炎暑の日々が続いておりますが、益々ご清祥のことと存じます。平素より、ひとかたならぬご厚情を賜りまして誠にありがとうございます。心より厚く感謝申し上げます。
 
さて、日本経済を復活させると宣言したアベノミクス。第二次安倍政権が発足して1年7ヶ月が経過しました。安倍首相主導による成長戦略については、様々な評価が有るものの、内閣府の世論調査等を見てみますと経済を優先しながらも、外交・防衛・教育・文化等様々な分野に手を打つ現政権への国民の評価は高く、野田政権時代との違いはあまりにもはっきりしており、防災・医療・福祉・国際化などの数値に表れているとしています。
一方、県政運営を担う中村知事の行政手腕についても、「チーム愛媛」を標榜する知事だけに県選出国会議員との連携には疑問符がつくものの、就任当初から「助走」「離陸」「上昇」「飛躍」と位置づけメリハリの効いた予算編成や、国内外に仕掛ける本県産品や技術力のトップセールス、「ノー」より「イエス」を求める職員の意識改革等々、県民の負託に十分応えていることが、本年11月施行予定の知事選挙に対する各界各層からの推薦要請で読み取ることが出来るのではないかと思います。
 
話は、残りの任期が8ヶ月余りとなった私自身の政治活動に変わりますが、所属する常任委員会が、6月県議会定例会より環境保健福祉委員会へと移りました。140万県民の安全・安心の確保に直接関わる防災・減災対策や環境と調和した暮らしづくり、自然と共生する社会の実現と言った県民環境分野や、支え合う福祉社会の構築や医療体制の充実などの保健福祉分野における政策課題に向き合うことになりました。また、我が国は、超少子高齢や人口減少と言った大きな波が、世界に類を見ないスピードで確実に押し寄せて来ています。そのような中、我が愛媛が生き残って行くために、県政各般にわたる皆さまの声をしっかりと受け止め、政策提言に拘った政治活動にも尽力して参ります。更には、東京都議会における女性議員へのヤジ問題や兵庫県議会一部の議員における政務活動費の使途不明など、国民の視線は、地方議会のあり方や議員の資質に向けられています。引き続き、議会人として襟を正すことは基より、議会改革に「魂」を注入するとともに、分権改革の担い手となる地方が、現状に決して満足することなく「日々新たに」の心で、地方議会をしっかり動かして参りたいと思っております。
 
これが私の挑戦する姿です。引き続きのご指導ご鞭撻、叱咤激励を賜りますようお願い申し上げますとともに、暑さ厳しい折からいっそうご自愛下さいますようお祈り申し上げご挨拶と致します。

 
「いいね!」があふれる えひめ・西条づくり
                                                        
平成26年 盛夏  
愛媛県議会議員  玉 井 敏 久

 
| ごあいさつ | 19:09 | - | - |
ごあいさつ

直球勝負

 謹んで新春のお慶びを申し上げます。
 旧年中は、ひとかたならぬご厚情を賜りまして誠にありがとうございました。 
 
心より厚く感謝申し上げますとともに、本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

  さて、経済再生を「一丁目1番地」に掲げ、円高やデフレの脱却を目指した安倍晋三内閣がスタートして一年が経過致しました。グローバリゼーションの激化、世界に類を見ないスピードで進行する超少子高齢・人口減少社会、東日本大震災からの復興・再生などの課題を抱える我が国の政治・経済・社会の中で、政府が推進するいわゆる「アベノミクス」の地方への恩恵は、ごく一部にとどまっている感があります。二元代表制を敷く県議会。中村知事と我々県議会議員ががっちりタッグを組み、安全で安心して暮らしていける愛媛の実現を目指し、地方から積極的に声をあげていきたいと考えています。

 

 富士紡績出身で民主的労働運動のリーダー故宇佐美忠信氏は、著書「志に生きる」の中で、「足は職場に 胸には祖国を 眼は世界へ」と記しておられます。地方議会に属する私なら差し詰め「足は西条に 胸には愛媛を 眼は日本国へ」と言ったところでしょうか。

 その軸はぶれることなく、広い視野を持って「我がふるさと愛媛・西条をより良き方向へと導く」との強い信念で、この一年果敢に挑んで参ります。引き続き叱咤激励を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 最後となりましたが、皆さまにとって本年がより一層良い年で有りますよう心よりご祈念申し上げ年頭に際してのご挨拶と致します。

 

 皆さまの幸せのチカラになりたい!!

 

 平成26年元旦 愛媛県議会議員 玉井 敏久

| ごあいさつ | 08:01 | - | - |